読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Coco's room

シンガーソングライター

コ ト バ を 彩 る 唄 と 写 真


今日も、想いを込めて。


『 i 』

 

 

 

 

 

 

こんにちは

杉田ココです

 

 

『 i 』

 

西加奈子さん

 

 

冒頭
【この世にアイは存在しません】


これに惹かれたという私と類似している従姉妹から貸してもらった本を読み終えた感想。

 

この本の流れに沿って学生時代を遡っていくと
環境とか性別、年齢が違えど共通するものがあって

どうしようもない孤独感

自分という強烈な自我と向き合う、向き合わなければならない
"そういう時"がくる

一人で在ることを"自覚"することが
何より近道なのだろうけど、ね。


寂しくて、寂しくて、痛いけど
どこかしっくり来てしまうこと自体に
また悲しくなって

そしてふと、悲しんでる"自分"に悲しくなる

 


今、生きているだけで、
愛されているという(仮定だとしても)事実を感じれている今があるだけで、いいのに

もっともっと、もっと、と望む。
落ち着かない、気持ち。

強欲で、汚いと感じる
絶望する

でも、
それだけで終わってしまう
そして、気づく。

 


私が高校の生活を終えて社会に出た10代の時も
こうやって思考を張り巡らせてたなあって
無駄に。今だから無駄ではないけれど。

懐かしく思うのと
大変だったろうなって。笑

私もその時、
友達の存在が大きかった。とてもとても。

感覚的に覚えているだけでは
すぐに忘れてしまうから

片隅にちょこっとでもいいから
残しておきたい。

 

『ここにいる』ということを。
自分をとことん愛してあげようという、想いと。

今、生きている奇跡と、
あなたと、出逢えた奇跡を。

 

 

 

 

そんなことを改めて想える、そんな本でした。

 

 

 

 

 

 

 

coco.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pancake0105:20170313145924j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分でそうなると決める

 

自分でそうなると決める


熱い人。
厚い人。


あの日あの時。

悔しかったZepp Divercityでのライブ

自分を愛してくれる人たちがいる。
無条件に幸せになってほしい。もっともっと愛を届けたいと思う。


透明な壁は壊すというより
発した熱で溶かせるような人がいい。

たまには壊れた破片を見つめることも大切だけど
それさえも全部溶かせる、そんな感じ。

 

 

 

 

 

あ、そういえば髪きりました。

 

 

 

f:id:pancake0105:20170220093158j:image

 

 

 

 

coco.

 

 

 

 

ライブ情報

 

3/22(水)
ひまわり広場で手をつなごう
3thアニバーサリー企画
みけたろうpre.「ただいま ~お家に帰るまでがライブだよ」

OPEN 18:30/ START 19:00
Ticket ¥2,000+1D

みけたろう/杉田ココ/鈴木明日歌/若林希望

 

 

3/31(金)
Girls Red Monster vol.4
GYOEN ROSSO 198
OPEN 18:30/ START 19:00
ticket ¥2,400+1D¥600
MISATO/マヨエ/Haru/杉田ココ/植垣麻衣子

 

 

 

 

3/22 ひまわり広場で手をつなごう(みけたろうさん企画)
3/31 新宿御苑rosso

 

 

 

チケット予約

⑴お名前
⑵枚数
⑶件名に日にち

pancake_0105@yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『あなたの見てる"幸せ"が必ずしも他の人にとって"幸せ"になるとは限らない』

 

 

 

 

今日は今ニュースで話題の朝ドラ女優さんについて
私もひどく共感したので書こうと思います。

正直、双方の言い分はどうでも良くて
彼女の直筆と言われる手紙を見て思ったこと。
彼女の本音について。


22歳。同い年。

救いを求めること=負け
とされることが多い中で

何が真実で何が嘘なのか、
ゴールなんてない
ずっと蜃気楼の中で漂っている。

その中で『光』を探すことが
どれだけ、苦しいものか
なぜ、あなたを悲しませてしまうことしか出来ないのか
誰にも見えないのか、
分かってもらえないのか、

そしてまた、自分を責める。

 

そんなループの中に入り込んでいても
何気ない日常の中で、時間は皆同じように過ぎていて
仕事になれば何故だかちゃんと笑える自分がいて

『忙しい』から抜け出せなくても
どうしたって虚しくなる時が来る
『苦しい』を忘れられたとしても
どうしたって消すことなんて出来なくて


生命を絶つことを考える、考えている人
言わない、言えないだけで沢山いると思う。
『助けて』と言わない、言えないだけで沢山いると思う。

その時見てたニュースに出てた評論家の人は
『近くに何か気づける大人がいたんじゃないか』そんなようなことを言っていた。

 

私的には大人というよりも"そういう人間"
本当にそうだなと思った。

 

 


特に、自殺が多いこの日本という国の中で
気づいていても等閑にしてしまうことが多すぎる。

どうすることが一番いいのか悪いのかなんて結論は選択した当の本人が決めることだから何も変えれないし、正しい道なのかもしれない。
ただ、そこに至るまでの過程がもっと、もっと違うものだったら良かったのかなと、思いました。

 

 

 

 

 

 

 


トトロのお腹見たいに、猫バスの椅子みたいに(いきなりジブリ)
ふわっと包み込んでくれるような、居場所。

自然と作れる人もいるだろうけど、それが出来ない人にも出来るように他者がいるのにね。

だから、女と男、男と女が在るのにね。

 

 

 

 

 


そんなに深く考えるなよ
簡単に誰かに投げかけていませんか?

 

 

 

逆に考えてなくて良くいられるね
これには笑いました。

 

 


あなたたちの言う"そんな言葉"でさえ傷つく人たちはいるのです。
その反面救われる人たちももちろんいます。

 

 

結局、何が言いたいかって
『あなたの見てる"幸せ"が必ずしも他の人にとって"幸せ"になるとは限らない』ってこと。

 

芯を見てくれる、見ようとしてくれる人を
出来れば、その人たちだけ、


大切にしていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

#ゆとり世代の戯言

 

 

 

 

 

 

『もう一度、振り向いて欲しい』

life

 

 

 

 

 

 

『もう一度、振り向いて欲しい』

 

 

 

 


恋人≠夫婦
これに対して色んな考え方があると思いますが
ある夫婦の話。

 

 

いつの間にか離れていって出来た
溝を埋めることが全てじゃない。


その溝を意識すればするほど
また離れていく。

お互いの瞳は、どこを見ているのかな。

真ん中にある溝を左右の端っこで見つめ合ってる、そんな感じ。

 

 

 

 

何かこれだけは聴いて欲しいって思うのなら
先ずは相手の話を聴くことから始まると思う。

 

 

 

 

自分の意見が正しいっていう
自尊心=プライド

そんなに大切ですか?そのプライド。

出す場所間違えてません?


誰しも自分が聴いてる側だったら
その内容というより先に態度が気になると思う。目線の先だったり。


コトバよりも先に真意が伝わらないと
あまり意味がない。時間の無駄。過去に縋り付くな。
取り敢えずこれを言っておけば大丈夫だろうみたいな安易なことは全て見透かされてるってそれくらい気付いて欲しい。
沈黙っていう選択肢があることを忘れてはいけない。
そしてそれをやればやるほど自分の価値が下がる。一度下がったものをその時と同じところまで上げるにはその時あったベストより上を目指さないと中々難しい。


何でこの人を好きになったんだろう、一緒になったんだろうなんて相手に思わせてしまうほど悲しいことってない。
そう、思わせないためには何が一番いいのかどうすればいいのかっていう"これからのこと"を自分に問いかけて考えて欲しい。

 

『自信がない』
これって最初は誰にもないものだと思う。
どんな天才でも"やったことがある"から
それに対する想いが明確だから
自信があるように見えるだけ。

『自信がないんだよね』っていうのは
どうやっても『うん?励まして欲しいのかな?』
って思ってしまう。
やっぱり性格悪いかな私。笑

 

どっちが悪いのかというところに
焦点を当てるのではなくて、
この問題に対して
お互いが今後どう向き合っていくのか。
それだけを"二人"で考えるべき。

二人の関係性を創っている途中で
自分を守るのってとっても簡単。
本能的に誰にでも出来ることで、
無意識にやってしまうことでもある。


どんな時でも、
二人で支えあって生きていくと誓い合ったあの日。
誓いたいと想えた、
この人ならと想えた"自分"が選んだ相手なのだから出来るはず。

 

 


結局、何が言いたかったかって

『もう一度、振り向いて欲しい』
これってすごく素敵なコトバですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#ゆとり世代の戯言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

在るということ

live

 

 

 

 

20170129

 

 

杉田ココ展
『在るということ』

 

 

f:id:pancake0105:20170130195240j:image

 

 

お越し頂いた皆様、ありがとうございました。

楽しんで貰えたでしょうか。
私はとっても楽しかった。
"あの空間"を大切な人たちと共有出来たことが何より幸せでした。
自分の中にある理想とかなり近い一つの作品を皆さんの力を借りて創り上げることが出来たこと。
心から感謝です。
本当にありがとうございました。

 


一人の無力さだったり、孤独感だったり
色々と、感じることが日々ある中で

自然と作られた空間と雰囲気がそこにはあって

個を感じながら
自分の中のもう一人の自分に声をかけるきっかけになったりとか、抱きしめてあげれたりとか、叱ったりしたりして、

他の人が自分に与える影響に覆われることが多い中で、"そこ"から離れた"自分と向き合える空間"にしたかったわけです。
MCでも言ったけど。

 

 

忙しいって言葉は苦手です。

 


こんな風に文章とか活字にしてここでは伝えられたらと思います。

 


想いをコトバにすることって
とても繊細で、鋭いから

すごく気をつけてるんだけど

それでもどうしたって傷つけてしまう時があって


でもそんな時こそこれかなって。
想えるようになりました。

 

f:id:pancake0105:20170130195215j:image

 

 


最後にもう一度。
本当に皆さん、ありがとう。

 

 

 

 

 展示の様子を少しだけ。

 

f:id:pancake0105:20170130195326j:image

 

 

 

 

 

杉田ココ